歯が欠けたのを放置した結果

なんとなく奥歯が痛いかも?から、奥歯が痛い!と苦しみだしたのは土曜の夜でした。痛くて眠れないので、痛み止めを飲み、冷やし、塩水でうがいと一通り悪あがきしながら、日曜日にやっている歯科を検索しました。

 

念願の朝をむかえ予約なしで歯科へ。歯が欠けてそこに歯肉が入り込んでいてその下が虫歯になっているんだそうです。その日は痛み止めを詰めてもらっておしまい。歯肉を焼き切る為に予約を入れてくださいと。

 

3日後の水曜日にたまたま仕事が休みだったので予約を入れましたが、頭の中は、歯肉を焼き切る?って言葉でいっぱいでした。

 

言葉の攻撃力は凄いですが、まあ麻酔が効いているので治療は実際痛くはなかったです。口の中に広がる血の味と、肉が焦げた匂いはしますけどね。

 

そしてこの後、焼き切った部分の炎症がおさまらないと肝心の虫歯の治療にはいれません。歯を磨くたびに口の中は血だらけになり、歯科へ行っても炎症の状態をチェックして痛み止めを詰めてもらう、それだけで3週間くらいかかった気がします。

PR|吹田で口コミ多数の歯医者さん|

旅行先で、奥歯の詰め物がとれてしまった!

男性型脱毛症で薄毛に悩む友人と業務用エステ機器を購入して旅行中、ランチをとっている最中に、何となく違和感を覚えました。何か変…食事を終えてお店を出てから、上の奥歯の詰め物がとれてしまっていることに気づきました。

舌で触ると、ポッカリと小さな穴が開いているのがわかります。歯の詰め物がとれた!と焦る私に、友人も心配になったようですが、不思議なことに痛みは全くありません。

とはいえ歯に穴が開いた状態では落ち着かず、かといって旅先で知らない歯医者に駆け込むわけにもいかず、予定通り旅行は終えたものの、残念ながら心から楽しめる旅とはなりませんでした。

帰宅してすぐに吹田にある行きつけの歯科医に予約を入れ、2度の通院で奥歯はもとの状態に戻りました。詰め物は飲み込んでしまったようです、と訴えると、問題ないとのことでした。

日本国内での旅行だったからよかったものの、海外旅行中に同じことが起こったら…と不安になります。最近、緊急の歯科治療に限り治療費を負担してくれる旅行保険もあると聞き、そういう保険に入った方がいいかも、と海外旅行の予定もないのに、つい考えてしまいます。

歯医者でまさかの誤診?抜歯しました。

銀の詰め物と横の歯の間に物が挟まるので行きました。
特に葉物や食物繊維の多いものが挟まりました。
西尾市のコルギに行った帰りに食事をするときなど毎回なのでストレスがたまります。

フロスは使えないので爪楊枝や歯磨きをこまめにしていました。
痛みはなかったので良かったような気もします。
治療してもらうまではストレスが凄まじかったです。

食事が苦痛でした。最初は歯科衛生士さんに歯の掃除と、噛み合わせを見てもらって、少し削りましたが治りませんでした。
時間を開けて吹田で一番上手と評判の歯医者の先生に見てもらい、レントゲンを撮り、抜歯抜歯しかないと言われました。

銀の被せ物を取ったらボロボロで、抜歯も5分くらいで終了しました。
最初の時点で診てもらっていたら抜かなくて済んだのか、色々考えてしまいます。

笑うと見える歯なので、モヤモヤしたままです。
幸い、スルッと苦痛もなく抜けてくれたので、先生がいい子(歯)だな、と話しかけていました(笑)早めに来院し、レントゲンを撮ることをお勧めします。

歯科衛生士さんじゃなく、先生に診てもらうようにして下さい。

子供の時に虫歯の治療を受けた感想

子供の時に虫歯になった事があり、そのために京都のAGAクリニックに隣接する歯科医院で治療を受けた事がありますけど思ったほど苦痛ではなかったです。
周りの横浜市のバストアップに行く友達などは虫歯の治療は痛いので出来れば治療したくないという人が多かったりしてその部分で少し不安を抱えながら歯科医院に行きましたけど、たしかにちょっとだけ痛かったですが想像してたよりは痛みの方がなかったですので治療していた時はそこまで苦痛ではなったです。
もちろん、多少痛いのであまり虫歯になりたくないという気持ちが強くなりましたけど、思ったよりも痛くなかったですのでその時はほっとした感じです。
もしかしたら私が豊中から通った歯科医院の先生が優秀で治療が上手かったから痛みがそれほどなかったのかもしれないです。ただ、虫歯になると治療するまでが痛くなる事が多いですので、歯科医院で虫歯の治療をしてから虫歯になりたくない気持ちが強くなったのです。永久歯になってから虫歯になった事がないので虫歯の治療は子供の時の良い思い出になっています。

妊娠中に歯茎が炎症を起こし歯医者に行った

数日前に横浜市のエステサロンに行ってから食べ物を噛んだ時に奥歯にキーンと違和感を感じ始めたのですぐに吹田にある行きつけの歯医者さんに電話をしました。

歯医者さんは予約がいっぱいの為、次の週にしか見れないと言う事で来週まで予約を待つことにしました。

しかし、予約の日の来る前に違和感のあった歯の周囲の歯茎が腫れ始め、口が上手く閉まらなくなったので病院に電話をし、飛び込みで見てもらえることになりました。

妊娠中だったので、レントゲンや薬品など使って良いものか不安もあり、先生に相談しました。レントゲンも使う薬も、妊娠中でも安全に使えるものである事を十分に説明をしてもらい安心して治療をしてもらう事ができました。

レントゲンの結果、奥の親知らずが手前の歯にぶつかり歯茎が炎症を起こしているという事でした。
歯茎を消毒してもらい、化膿止めの薬を処方してもらいました。

妊娠後期だった事もあり、診察台で横になる姿勢が辛かったのですが、歯科衛生士さんに気を使っていただき座ったままで治療をしていただきとても助かりました。

妊娠中は病院での処置に不安を感じやすいと思います。事前に相談する事で、安心して治療を受ける事が出来ると思います。

虫歯予防にデンタルフロス

私はよく虫歯ができる子供でした。ある時新大阪にある歯医者さんに行き、虫歯を治してもらっていると、「あなたの歯は虫歯ができやすいから、気をつけなさい」と言われました。

その時は子供だったこともあって、そんなに注意もしていなかったのですが、それでも横浜市のエステに行ったりしても印象深い言葉でずっと忘れずにいました。そして、やはり歯医者さんの言ったことは本当でした。

さらに悪いことに私はお菓子が大好きで、それも虫歯の原因となったと思います。虫歯は大人になっても減らず、数年に一度くらいは必ず歯医者さんに通っています。そんな中、ある歯医者さんでデンタルフロスを勧められました。

一度だけ、糸ようじを使ったことがあったのですが使いにくくて止めてしまったことがありました。しかし、歯間や歯石は歯ブラシで磨いただけでは綺麗になりません。半年に一度くらい歯医者さんに歯間や歯石を除去するために通いなさいとも言われたことがあったけれど、面倒で行きませんでした。

確かに毎日きちんとデンタルフロスをすれば、歯医者さんに通わなくて済むし、虫歯もできにくくなるかもしれません。やり方を歯医者さんで聞き、早速試してみました。そうすると、歯の汚れが本当にすっきりしました。

それからはずっとデンタルフロスを使っています。歯ブラシで磨いた後の仕上げとして使っているのです。おかげで虫歯になりにくくなり、ここ数年は歯医者さんには通っていません