上の歯の前から2番目の歯を治療しましたが、痛みも無く神経が完全に死んでいる状態でした。

長年通っていた歯科医があるのですが、虫歯の予防の為に4ヶ月毎に定期健診に訪れていました。
定期的に見てもらっていたお陰で虫歯は無いに等しい状態だったのですが、
たまに初期虫歯が見つかり治療をする事がありました。
早期発見でしたので少し削った後にレジンを充填してあっという間に治療完了です。
その後、定期健診に訪れる度に歯の状態を見て頂いていたのですが、
いつも異常無しと診断を頂いていた為に次第に検診に行かなくなってしまいました。
五年間通う事無くそのままにしていたのですが、
以前に詰めた銀の詰め物が取れてしまった事をきっかけに再び通う事になりました。
詰め物を付け直せば直ぐに済むと思っていたのですが、
虫歯が数箇所に渡って出来ており、5年間もほって置いた代償が虫歯になって現れたのです。
見た目には奇麗な歯で黒ずみも無いですし、
異常は無いと思っていたのですが、ここに大きな落とし穴が待っていました。
レントゲンを撮って調べた所、上の歯の前から二番目の歯に神経にまで達する膿が発生をしており、
かなり虫歯が進行をしている状態でした。
見た目には虫歯になっている様子もありませんし、
痛みも全くありませんので虫歯だとは気が付かなかったのですが、
もしかすると神経が死んでいるのかも知れないと言われました。
治療が始まり奥深くまで削って行ったのですが、
先生が痛くないですか、と何度も聞いて来るのです。
全く痛くありませんので更に削り始めたのですが、
結局は根っこの方まで削られてしまいました。
麻酔もしないで根っこの方まで削ったと言う事は完全に神経がやられていると言う事です。
今まで何度か歯医者に通い神経の治療をしたことがありましたが、
神経を殺す薬を使った後に治療に入る事がお決まりのパターンでした。
今回の様に麻酔も使わずに一気に根管治療にまで入るとは想像も付きませんでしたし、
見た目は虫歯になっていない状態に見えても見えないところで進行をする事が判りました。
結局、治療に一ヶ月掛かりましたが、
もし早く見つけていれば時間も掛からずに直ぐに済んだと思います。
定期健診は大事ですし決まった次期に検診に行く事が早期発見に繋がり、
健康な歯を保つ秘訣だと言う事が判りました。

PR|徒歩で通う江坂の歯周病歯科医院|