大人になっても歯医者での麻酔は苦手

虫歯が出来やすい体質なのか、年に一度くらいの頻度で大阪で口コミの良い歯医者に通っています。
しっかり歯磨きはしているのですが、それでもなお虫歯が出来るという事はどこかに磨き残しがあるのでしょう。

 

歯医者に通うたびに思うのが、「今回は麻酔をするのかどうか」です。
私は幼いころより歯医者が苦手で、その中でも特に麻酔には苦手意識をもっています。

 

歯茎を刺すチクリとした痛み、その際に感じる苦味のようなもの、そこからしばらくして麻酔箇所がぼんやりとしたものに変わっていくあの感じ、術後もしばし残る麻酔の効果などなど、思い出すだけでも身がすくんでしまいそうです。

 

診察室に通され、治療椅子の上に身を横たえ、口を開いて担当医の言葉を待つ瞬間は緊張感がマックスですね。
担当医の口から「麻酔をして治療しますね」という言葉が出てこないか冷や冷やしている状態ですから。

 

もちろん麻酔のおかげで治療中の痛みはほとんど無いので、その点については感謝しています。
ですがやはり麻酔は苦手なことに変わりはありません。
大人になってもこの始末です。
多分これからも麻酔に慣れる事は無いでしょうね。