正しい歯磨きの大切さ

PR|吹田市で実績の高い歯科医院|

私が虫歯で歯医者へ治療にかかった際に、あらためて歯磨きの方法について指導を受けました。それ以降は、虫歯になることもなく、健康な歯を保つことができています。

指導された方法とは、歯間をよく磨くということです。当たり前のように思われるかもしれませんが、歯間、よく磨けていますか?

それまで私も朝と就寝前、1日2回歯磨きを励行していました。しかし、虫歯になることがあり、歯医者の世話になっていました。そこで、あらためて指導されたのが、歯の磨き方、特に歯間の磨き方です。

虫歯の原因は、歯に残った食べかす。そこで、歯の汚れをよく落とすことが肝心とのことです。

まず、毛の細いタイプの歯ブラシを使うようにしてください。口の中全体をまんべんなく磨いたあとは、奥歯から1本ずつ磨くようにします。この時に、歯の表面、裏面ばかりでなく、歯ブラシの毛を歯間に押しこむようにして歯間を磨いてください。歯ブラシを歯と歯の間に押し込み、挟まれた感覚を確認してから、小刻みにブラシを動かします。つまり、フロスで行うことと同じ要領で、それを歯ブラシでするのです。私も最初はうまく歯間に歯ブラシが入らなかったのですが、感覚がつかめるようになると、その後は歯間の汚れが落ちていく感じがよくわかるようになります。歯医者さんにいくと、口の中全体をよく掃除してもらえますよね。その後の歯のツルツル感。あれと同じ感じが自分でもできるようになります。これだけでも、自分の歯磨きはこれまで不十分だったと実感できました。

また、歯間の次は、歯の生え際、つまり歯と歯茎の間にも毛先を入れて磨くようにしてください。こちらは慣れるまでは、歯間磨きより難しいです。あまり強くやり過ぎると歯茎を痛めてしまいますが、しっかり歯茎の間を磨けるようになると、その翌日から歯茎が引き締まるようになります。歯茎が腫れている感じや、柔らかい感じがするときは、多くがバイキンが入っている状態ですので、歯と歯茎の間を磨きましょう。私もたまに出血することがありましたが、その翌日には、綺麗なピンク色をした歯茎に戻っていました。

自分では良くできていたつもりの歯磨きですが、一度歯医者で磨き方について、しっかり指導を受けることも大変良いことですよ。実践してみてください。

PR|童話|初値予想|お家の見直ししま専科|生命保険の選び方|家計見直しクラブ|貯蓄|SEOアクセスアップ相互リンク集|心の童話|サプリメント|英語上達の秘訣|健康マニアによる無病ライフ|JALカード|お小遣いNET|マッサージのリアル口コミ.com|ショッピングカート|住宅リフォーム総合情報|