歯がきれいだと元気になれる

私はコーヒーが大好きで、毎日1・2杯は飲んでいます。
朝起きたらまずコーヒー、食後にもコーヒー、仕事中の眠気覚ましにもコーヒー…
大阪で歯周病治療するなら予防の内容からそんな生活を何年も続けたある日、鏡を見てびっくりしました。
ニッと笑った自分の歯が黄色い!よく見ると歯と歯の隙間も茶色い…。
汚いなぁ、と正直ショックでした。
それから気になって、人前で話したり笑ったりする時に無意識に口元を隠したり、口をなるべく開けないようにする様になってしまいました。
汚れを落とそうと、歯ブラシのとき、前よりしっかり時間をかけて磨く、歯が白くなると表記のある歯磨き粉を使うなど、色々試したのですが、なかなか効果があらわれません。
困って友人に相談すると、歯のクリーニングとホワイトニングを勧められました。調べてみると近所の歯医者さんでできる様だったので、早速予約して行きました。
まずは歯の汚れをしっかりとクリーニング。歯の裏までツルツルになって気持ちが良かったです。その後ホワイトニングをしていただきました。少し時間はかかりましたが、痛みも無く無事終わりました。
その後鏡で見てみると、今まで気になっていた黄ばみが取れ、白くてツヤツヤな歯になっていました。
これで人前でも安心しておしゃべりができます。これからも定期的に通って歯をきれいに保ちたいと思います。

歯科医院は大人になってからの方が疲れる?

大人になってからの方が歯科医院において大阪で歯科医院一覧を我慢していることの方が多いと感じてしまっています。だって、子供の頃に行く歯科医院では、痛かったりしたら涙を流してもOKなところがあるじゃないですか。小児歯科なんて、たいてい誰かしらの泣き声が聞こえていたりするじゃないですか。けれども大人になってしまったら、歯科医院で泣くなんてタブーですよ。そのように私は思ってしまうんです。

 

また、口を開けるにしましても、吹田の行きつけの歯医者さんがやりやすいようにと、ついつい気を使って力一杯大口を開けたりするじゃないですか。長時間に及んだら、口が疲れてきてしまうのですが、それでもなんとなく気を遣って、大口を開けてあげるじゃないですか。

 

しかし、歯科医師さんはそんな時に既に治療をしていなかったりで、「だったら今は治療していませんとか言ってよ!」と、患者側としては思ってしまうこともあるわけです。まあ、面と向かっては言えないですが。

 

それに「痛かったら手をあげてくださいねー」という心遣いに対しても、素直に受け入れられないですよね。痛くても挙手できないですよね。ですから歯科医院は、大人になってからの方がいろいろと気を遣って疲れてしまうなんてことも思うわけです。

虫歯を早く直したいと思っても結局2ヶ月ぐらい通うことに

風邪の治療とは異なり、大阪で歯周病治療の選択肢の多い歯科医院は時間がかかるという印象があります。
人気の歯医者さんは予約がなかなか取れないこともあり、治療も2週間に1回が最速のペース。
もちろん虫歯の状況などにもよるでしょうし、詰め物を作ったりする時間もあるので、人それぞれだとは思いますが、今まで通った歯医者さんはすべてこのようなスパンで通っていました。

 

3日連続で行くからすぐ治して!と思うのですが、実際無理なんですよね。
間が空くと「行きたくないな」「面倒だな」と感じるようになるので、頻繁に通えると良いなと思います。
短気な父はこの治療ペースに馴染めず、途中で通うのを止めてしまい、結局歯をだめにしてしまうという最悪の事態になりました。

 

余計お金もかかり治療も伸びるというダメ押しつきです。
困ったときにしか関わらない病院に、こちらの都合や意識を押し付けるのも本当に申し訳ないとは思うのですが、もう少しなんとかならないかな、と、歯医者に通うことになるたびに感じます。