銀歯の下が溶けていた

銀歯の下の歯が溶けていた話となります。
銀歯の歯が何か違和感あるなということで、会社の近くの審美歯科に治療に行ってみました。通常通りレントゲンとって、歯のチェックをしてみたところ、銀歯の下が怪しいので、銀歯をとってチェックしましょうということになりました。

 

私のイメージでは、銀歯はぱかっと簡単に外れるイメージだったのですが、虫歯の治療と同じように、あの歯医者独特のドリルで結構長い間ウィーンとされました。ようやく外れて、銀歯の下を鏡で見せてもらいました。

 

その結果、先生が銀の器具で歯をすくってくれたのですが、その歯の部分がどろどろになっており、ヨーグルトのようにすくうことができました。あんなに硬い歯が、きちんとメンテナンスをしないとこんな状態になってしまうんだと衝撃でした。

 

先生曰く、前の治療がいけてなかったですねと。結局、抜歯までする必要はなく、虫歯の部分を結構削って、再度銀歯をかぶせることで治療は終了しました。もうあんな状態になるのは嫌なので、定期的に今では歯医者に通ううようになりました。